<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.08.13 Friday  | - | - | 

火吹山の魔法使い(扶桑社版) 17

ミノタウルスがいた部屋から出ると、俺は西に向かって歩き出した。しばらく歩くと道は北に曲がり、すぐに行き止まりになっちまった。見たところ、ごく普通の壁みたいだが、何か仕掛けがあるかもしれない。
俺は、壁のあちこちを触ったり、顔を近づけたりと、散々調べてみたが、どうやら何もないらしい。ただの行き止まりに、無駄に時間をつかっちまったかな。
そう思いながら、俺は触っていた壁から手を離そうとした。
その時だ。
耳元で、「カチッ」っていう不吉な音が響いたんだ。
あっと思った時は遅かった。よけるとか、逃げるとか、そんな回避行動を取る前に、俺に意識はぶっとんじまった。
まったく、情けないぜ。


はっと気が付くと、俺は十字路にいた。意識を失っていたのは、どのくらいだったんだろう。検討もつかねえ。
急いで、装備品や体のあちこちを確かめる。
運がいいことに、持ち物はひとつもなくなっていなかったし、体に異常もない。どうやら、さっきのあれは、単なる転移の罠だったたしい。毒が吹き出たり、刃物が飛び出たり、岩が落っこってこなくてよかったぜ。そこまでの罠がしかけられていたら、今頃生きてないだろうからな。
後は、ここがどこなのか、確認しないと。
俺は、何の特徴もない十字路を眺めて、位置を考える。
どことなく見覚えがあるような気がするが、はっきりとわからない。覚悟を決めて進まないとどうしようもなさそうだ。
俺は、北に向かって進むことにした。

しばらく歩くと、また十字路に出た。この場所には見覚えがある。
北側の通路の奥は、さっきミノタウルスと闘った部屋じゃねえか。
ここから西へ行くと罠があった場所だ。俺は今度は東へ進むことにする。南、東と曲がりながら歩いていき、東西に走る通路の真ん中で立ち止まった。東側は行き止まりのようだ。北側には、細い通路があり、その先には木製の扉が見える。
扉の向こうに何があるのかが気になって、俺は足音を忍ばせながら扉に近づいた。
そっと扉を開くと、意外なことに中にいたのは4人の小男だった。皆、楽しそうにカード遊びに興じていた。部屋の中は彼らが吸うパイプの煙で霞んでいるし、えらく陽気なのは、側におかれたビールのせいかもしれない。
場違いなところにきちまった気がして、俺が扉の前で固まっていると、一人が立ち上がり、いきなり入ってくるのは無礼ではないかと言い出した。
我に返った俺は、慌てて謝り、話し掛けて仲良くなろうと試みる。みた感じ悪い奴らじゃなさそうだし、無意味な争いは嫌いだしな。
俺の友好的な態度で警戒を解いてくれる気になったのか、訪問者が珍しかったのか、彼らドワーフは次第にうち解けてきた。他愛のない話から始まって、やがて、彼らはこの洞窟のことも話し始める。
ここはザゴールの迷路で(なんとなくそんな名前じゃないかと想像していたがな)、迷路を通り抜けるには、
 部屋を出て右、次が右、左、まっすぐずっと行く
といいらしい。
だが、そのあたりまでしか、ドワーフたちもわからないようだ。
何も知らないよりは役に立つだろうから、彼らの言葉をしっかり頭に刻み込んでおくことにする。
それからしばらく話した後、俺はドワーフたちに礼を言うと、その部屋を後にした。

*********

最終的な状況。
技術点:9  体力点:17  運点:9


目次 戻る/進む

2008.10.06 Monday 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 地図はどこに。 | main | ファイティング・ファンタジーシリーズ プレイ日記 目次 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2010.08.13 Friday 20:50 | - | - |